リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 20: 英語は常識で捉えよう

合ってそうで合ってないよ、その捉え方! 

例えば「I had cereal for breakfast = 私は朝食にシリアルを食べた」。これ、合ってそうで合ってない。その理由は。。。 

分かるかな?。。。 

理由は「私は朝食にシリアルを食べた」は日本語としてピンとこないから、でした! 

これ、細かそうで細かくない「英語習得」のポイント。皆さん英語を捉える際、こうやって日本語に置き換えまくってるでしょ?嘘つかないでね。そうでしょ?仕方ないから、今日は「上手な置き換え方」のヒントを紹介しよう。 

置き換えるは置き換えるでいいとして、ピンとくる日本語に置き換えたい。つまり自分が実際に、日常的に使う日本語に置き換えたい。 

大事な、大事なポイントだよ!「私は朝食にシリアルを食べた」は、日常の中で使うことがないから、それに相当する英語として頭の中に保存したものを、日常会話の中で使おうとすることも当然ない。 

簡単に言うと、使わないものは当然ながら「あ、ここで使えそう!」にならない、ということだ。 

さて練習。下記の英語をピンとくる日本語に置き換えたい。状況は、友達にクッキーを焼いてあげた。友達がそれを食べて↓ 

You have to give me the recipe. 

今までの置き換え方だと「あなたは私にレシピをくれるべき」と、よく分からん日本語になる。しかしピンとくる日本語に置き換えると「めちゃうまいやんこれ!」「うまっ!」になったりする。だって、友達が焼いてくれたクッキーだから、それを食べた時に「美味しい」らしきことを言うに決まってる。 

ほら簡単でしょ?大体「常識」で考えれば正解が見えてくる。もう一つやりましょう。 

“Toot, toot!” went the boat. 

これは子供の絵本に出てきた英語。よし、これをピンとくる日本語に置き換えるとどうなるでしょう。 

。。。 

正解は『「ボーッ、ボーッ」と船が鳴らした』でした! 

『え?「行った」じゃないの?』と思った方、常識で判断することを忘れずに!「ボーッ、ボーッ」と「船」をつなげる単語は、常識で考えると一つしかないからね。同じく「The rabbit scarfed down a carrot」の「scarf down」を英語として初めて見たとしても、常識で考えると「食べた」に決まってるはず。単語の「意味」にとらわれなければ当たり前なことね! 




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿