リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 24: 「習った英語」はデタラメ?

早速ですが、一般英会話教室で受けれる定番の「レッスン」を一つ見ていきましょう。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

皆さん、今日は前置詞の「in」について学びましょう!

英語の「in」は「場所」を示す前置詞です!例えば

① Tokyo is in Japan.
② I'm in the building.

皆さんもやってみましょう。次の文の下線の部分に、正しい前置詞を入れて下さい。

The man is __ the house.

よし、上手にできました!今日は前置詞の「in」の話でした!
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

皆さんこのレッスンに納得ですか?ちょっと単純、でも内容はまとも、って感じ?

実は、このようなレッスンは超ダメ!生徒の足を引っ張ってしまう!だってよく見て下さい。登場した二つの例文は、確かに正しい。じゃあこの二つはどうなる?

Tokyo is in the island.
I'm in the station.

「in」は「場所」を示す前置詞ならば、この二つの例文も正しいはずだ。ところが、そうではない(正しい英語にすると、それぞれ「in」の代わりに「on」と「at」を使う)。

さて、上の二つの例文が正しいのに、下の二つがなぜ正しくないか説明できますか?

。。。

上記レッスンからは説明のしようがないよね。どうやら「on」と「at」も「場所」を示す場合があるようだ。逆に「in」が「場所」を示さない場合もある。混乱するじゃねえかコラ!!

しかしここで冷静に考えましょう。混乱してしまうのは、そもそも教科書通りに、前置詞が「意味」を持ってると思い込んでるからだ。「この単語にはこの前置詞」と素直に、 聞いた通りに自分も付ければ、言うまでもなく正しい英語になる。意味などを気にしなくても。だからそうしましょう、今日からは。

そして前置詞だけに限らず、全ての「習った英語」がこんな感じだと思った方がいい。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿