リーフ英会話スクール
リーフのアメブロ
リーフ英会話スクールへのお問い合わせはこちらです



Point Lesson 36: 「 What' s that?」と「なにそれ?」

これぞ直訳の世界。

前者は、相手の前にあるものについて尋ねる時に使う英語。。。と、日本人は思い込んでる。

後者は、相手の前にあるものについて尋ねる時に使う日本語。。。と、外国人は思い込んでる。

どっちも間違ってる。

「What's that?」はPoint Lesson 26で話したように、例えばなにかを聞き取れなかった時の英語↓

A: Di... y... s... th... ?
B: What's that?

一方「なにそれ?」は、例えば変なことを聞いた時に使う日本語↓

A: うちのウォーターサーバーってさ、ルンバ付きやねん。
B: なにそれ?

ね。

でも面白いことに「What's that?」も「なにそれ?」も、単語で考えた限り、文法で判断した限り、辞書で調べた限り、テキストで習った限り、相手の前にあるものについて尋ねる時に使えるフレーズのはず。

やっぱりあんまりいい入り口にならなさそうだね、単語、文法、辞書、テキスト。安心感を与えてくれるかも知れないけど、現実という土台のない安心感はなんのためにもならない。

落下中の飛行機に乗ってて窓のシェードを下ろしても、安心はできるけど問題は解決しない。解決策は、一刻も早くパラシュートを探すこと。

英語に関しては幸いなことに、校長Erikのポイントレッスンというパラシュートが目の前にある。さあ、身につけて開くかどうかは自分次第だ。頑張って開いてみてね。今からでも遅くないから。




前の投稿 一覧へ戻る 次の投稿